在宅と呪いの話

少し昔、大好きだったコンテンツは2次元の要素と3次元の要素を併せ持つ少し変わっているものでした。
アプリゲームとアニメ、それに声をあてる俳優さん(声優さんではないのがポイントだった)の3次元での活動がリンクする斬新で楽しいコンテンツだったと思う。
私は一応2次元寄りのおたくで、画面の向こうにいるキャラクターが大好きだった。薄く紫がかった白い髪と不思議ちゃんな言動、それでいて周りの空気には敏い子。かわいい◯◯くん。グッズも集めたしアプリに課金もした。イベントも走った。

当時私は仮面浪人生(結局挫折してしまった)で、3度目の大学1年生になるべく、前いた大学よりもっとレベルの高いところに入って前の大学の人たちを見返すべく、大学に通いながら受験勉強をしていました。というと、どうしても言い訳になってしまうのだけれども、3次元の現場にはほとんど行けなかった。行きたかった気持ちはすごくあったし、俳優さんも応援しているつもりでいた。でも行けないから、2次元から彼らを応援して、俳優さんにもリプライを送って気持ちをできる限り伝えて、そのコンテンツのおたくでいることを許されたかった。

そんなとき「お家からのエールなんて届かない」というツイートを目にした。3次元寄りのおたくの発言だった。
行けないけれど応援してますといった趣旨の言葉を演者に投げかけることはあまりに残酷なのでは、という話だった。
始まるまで埋まっているかどうかわからない座席に、少なくともその在宅が座る可能性が0であることをわざわざ演者に伝えてどうするんだ、モチベーションが下がるかもしれない、悲しむかもしれない、自分の行けない行かない罪悪感を拭うためだけに演者にそんなことしないでほしい、
リアルイベントの動員はそのままコンテンツの存亡に直結する、自分一人では席は一人分しか埋められない、茶の間で楽しむ余裕があるならどうか現場に足を運んでくれ、

そのとおりだと思った。なにもできない自分が悲しかった。自分がそのコンテンツを好きでいる資格はないと思った。

そしてしだいにそのコンテンツから離れてきてしまいました。

その好きだったコンテンツは、今年の秋に武道館でのライブを最後に終了します。

なにもできない、なにもしない、が重なると、物事ってこんなふうに終わってしまうんだなあと思った。悲しむ資格なんてなかったし、実際悲しい気持ちはそれほどなかった。虚しさだけがずっと心に居座ってる。


私は今、とあるアイドルさんのおたくをしていて、そのアイドルさんは一人ひとりのファンを本当に大切にしてくださる人たちで、だからこそ頻繁に現場に足を運ぶことができない自分は自分自身に呪いをかけてしまう。

お前がファンでいる意味はあるのか?お前はその人たちに何かできてるか?好きだと言える資格はあるか?行けない行けないと言いながら現場に行く努力を怠ってるだけなんじゃないの?

そう思ってしまうことすらもこわくて悲しくて申し訳なくて消えてしまいたくなる

こわい、アイドルさんたちに、アイドルさんたちが歌う曲に、勝手にものすごく救われていながら、なにもできないことがこわい ほら、結局自分本位なんだ、最悪な人間だな

と思っていたことを、抑えきれなくて少しツイートしてしまったら、大好きなおたくたちからたくさん言葉を頂いてしまって申し訳なくなった。でもだいぶ気持ちが楽になったように感じます。ゆっくりですが返信していきます。ありがとうございます。


いろいろ考えてしまうのだけれど、やっぱり私は二丁目の魁カミングアウトさんが大好きだ 好きでいていいかなあ 会いに行くのがこわいけれどやっぱり生で彼らの歌を聴きたいし彼らのステージがみたいの
アイドルさんからもおたくからも認知なんて全然切れててもいいや、どうかどうか、大好きなアイドルさんを、おなカマさんを好きでいることを許してください 今の私の心の支えなんだ どうか許して

2年前の私へ

ただの自分への手紙なので読んでもつまらない内容だと思います。書いてしまったので供養の気持ちでアップします。



2年前の8月31日、あなたの気持ちはどん底に真っ暗だったね。
仙台から大学の寮へ向かう道中が地獄のように暑かったこと、仏子駅からの急な上り坂でかいた気持ち悪い汗、寮母さんの冷ややかな視線とリノリウムの冷たい廊下、全部覚えてる。
春にあんなに憧れと期待を抱いていた大学生活は、やっぱり周りに馴染めなくて、同学年からはハブられて、先輩からは勘違いからどちゃくそバッシングを受けて、夏のはじめにはもうボロボロだったね。耐えきれなくて切ったら寮を追い出されそうになった。たまに記憶をぶっ飛ばしながらフラフラになりながら生きてたね。
精神的にも物理的にも居場所なんてどこにもなかった。周り全部が敵だと思った。
夏ははやく終わってほしかったけど夏休みが終わるのは絶望だった。怖かったよね、覚えてるよ。

寮のかろうじて許してくれた隔離部屋、実家から送っておいたダンボールは開ける気力もなくて。手帳の9月のページを開いてやっぱりもう無理だと思って泣いた。貯めていた処方薬を全部飲んだ。その日は通院日で、そのまま外出延長の届けを出した。あわよくば死ねれば、無理でも電車か車に轢かれればいいと思った。自暴自棄。そこからの記憶はあやふや。
泣きながら母に電話したみたいだった。開いたままの手帳には血痕が残ってた。どこをどうやって移動したかわからないけれど、念の為と思ったのか途中で市販の薬も買って飲んだみたいだ。ネットで見かけたあてにならない致死量よりも多く。
何故かどうにか辿り着けた病院、診療の前のカウンセリングで、水の中みたいに重い身体、まとまらない思考回路と回らない口で事情を説明しようとしたけどできてなかっただろうな。
そこで完全に意識を失って救急車で運ばれた。
2回目の胃洗浄も全く覚えてない。苦しいって聞くからラッキーだったのかな。それよりも意識が戻ったあとの尿カテがしんどかった。
大学にはもう戻れない。実家に連れ戻されても何もできない。なのに死ねなかった。真っ暗だった。無理やり卒業させてもらった高校も頑張っていた音楽もやっとの思いで入れた大学も全部水の泡だった。

もう人生終わりだと思った。


機会を窺って次こそは完遂しようと思っていたけれど、なんだかんだで生きてこれてしまいました。

でもね、今の私はとっても幸せなんです。
2017年の10月、ピンク髪の変態ベーシストのいるトンデモ高校生バンドに出会うよ。そのバンドとアプリゲームとの出会いがとっても大好きな友達との出会いに繋がるよ。楽しみにしていてね。
2018年の2月、すごいアイドルさんに出会います。やばいよ、人生変えられちゃうくらい。覚悟してて。



2年前の私へ、本意ではなかったけれど、どうにか生きていてくれてありがとう。あなたが耐え忍んでくれた人生のおかげで今やっと自分が幸せだなと思えます。
ちゃんと自分の意思で大学にも通えてるよ。しんどいこともあるけれど、辛いときもどうにか乗り切る強さがつきました。たくさんの出会いのおかげです。感謝しながら生きていこうね。

2月11日 備忘録

私が大切な人たちとはじめましてをした日の話。

 
手がかじかむくらい寒くて夜には綺麗な雪が降った。一生忘れたくない日。
 
その日は中学生の頃から大好きなバンドの22周年記念ライブのある日でした。さいたまスーパーアリーナなんて大きい会場なのに全然チケットが取れなかった。嘘!?って思うくらいチケットは連戦連敗。一般発売が終わってからもTwitterにかじりついて同行募集ツイートに片っ端からリプを送った。一つの募集ツイートに70も80もリプライが付いていて、ああもう無理かなと諦めかけた頃、運良くどうにか同行させてくださる方が見つかった。埼玉に行くことが決まった後、去年の秋の暮れから気になっていた二丁目の魁カミングアウトさんの仙台ワンマンが発表された。日程が被ってしまっているのを見て、なんでよりによってこの日なの…って悲しくなった。でもその直後、ライブに同行させていただく予定だった人に蒸発された。TwitterもLINEもブロックされていきなり消えた。金銭的被害はなかったからまだマシな方だった。でもあのライブを目撃できなかったのは一生後悔だし、自分勝手にいきなり消えたのは許せない許さない。ドタキャン、ダメ、絶対!です。
それでも、もうそれは、二丁魁さんのライブに行けっていう天の声だったのかな、なんて今になって思ってしまうな。はじめてのアイドル現場、一人だと不安だったので大学のアイドルおたく(主現場はジャニーズJr.)に声をかけて一緒にチケットを取りました。チケットに印字された[二丁目の魁カミングアウト]の文字を見てこの人たちにやっと会いに行けるんだ!ってドキドキした。嬉しかった。
もしこのタイミングで二丁魁さんに会いに行っていなければ、はじめましてはきっともっと遅かった。もしかしたら会いに行かないまま通り過ぎてしまう可能性だってあった。だからこの日、大好きなバンドさんじゃなくて、二丁魁さんに会いに行ったこと、これが私の人生の大きな分岐点のうちのひとつ。(ドタキャンは許してません!)(でも二丁魁さんに会いに行けて心のそこからよかった!)
 
 
ワンマン前日、2月10日、遠征先で二丁魁さんと会うと一緒に写真が撮れるゲイキャッチなる企画があると聞いてバイトまでの時間とバイトが終わってから一人で仙台の街を歩き回った。CY8ERさんとのツーマンはまだ自分にはハードルが高いなと思って行けなかった。この日はゲイキャッチ成功しなくて寧ろ良かった。会えたら嬉しいけどきっと会えてもどうしていいかわからなかったから。バイト終わって#ゲイキャッチのタグを見てみたら普段自分が生活している街の風景に二丁魁さんがいてとても不思議な気持ちになりました。
 
アイドルのライブは生まれて初めてで、当日の朝は着ていく服にめちゃくちゃ悩んだ。普段ライブといえば、バンドTシャツにディッキーズで済ませてしまう人種なので。もし浮くようだったら物販でTシャツを買えばいいや!と思って普通のワンピースを着ました(結局この日はTシャツは買いませんでした)。大学の友人と待ち合わせて、お昼ご飯にラーメンを食べたの、その後緊張で度々吐きそうになったのでめちゃくちゃ後悔。 開場前物販でランチェキを引いた。生まれて初めて手にしたチェキは、思っていたより小さくてびっくりしたな。1回分引いて、きまるさんとぺいさんでした。CDとチェキ券も買ってドキドキしながら入場列に並んでドキドキしながら会場に入った。整理番号はあまり良くなかったので、入ったらもうたくさんのおなカマさんがいました。熱気というか、ライブ前のワクワク感で満たされている空間で素敵だなあと思いました。仙台って自分の地元なのに地元じゃないような、勢いだけで異国の地に来ちゃったような気もした。めちゃくちゃ緊張していて、ライブハウスなんて何度も来ているのに、アイドルさんのライブ前って思うと漂う空気が別物な気がしてしまって空気に馴染めない自分が歯痒かった。一番うしろの段の前の方、中央あたりに位置取ってライブが始まるのを待ちました。
 
ぺいにゃむにゃむさんのピンポンパンポーンのアナウンス。これを聞いたのも初めて。ああ始まるんだって一瞬怖くなった。正直、ライブは詳細には覚えていません。ついていくのに必死で。確か衣装はウェディング。気づいたら目がきまるさんを追っていました。ステージまでの距離はそこそこあるはずなのに目の前にいる気がした。気迫が目の前まで迫ってきた。ふわっと揺れた髪と衣装の裾、ぱっと飛んだ汗を見て、射抜くような目、楽しそうにきらきら輝いた目、丁寧な指先を見て、どの曲かもう覚えていないけれど(たぶんネコかノスタルジスターだった気がする)真っ直ぐな声がぴったり耳に飛び込んできて、ああこの人のことめちゃくちゃ好きになるんだろうなって思った。それまでTwitterYouTubeで4人のことを見ていて、4人とも素敵で可愛くて格好良くて、推し決まらないどうしようって思っていたんだけれども、生のライブ見てすとんと決まった。きまるさんだって思った。
振りとか全然わからなくて全部胸の高さでなんとなく手を動かした。コールもMIXも知らなくて、おなカマさんが叫んでるのを聞いてこれがアイドルのライブかあ!ってすごいなって思った。ちなみにMIXというものの存在を知ったのもライブ前日で、明日初めてアイドルのライブに行くどうしよう〜ってツイートをしたら、フォロワーさんにアイドルの現場はMIX打てればとりあえず大丈夫だよって言われて、MIXって何!?何それ知らない大丈夫じゃない!ってめちゃくちゃ焦った。自分の前にいた女の子が全力でめちゃくちゃ楽しそうにライブを見ていたのがすごく心に残りました。こんなに楽しそうにライブを見られるの、ステージの上のアイドルもフロアにいる人たちも全部素敵だからなんだろうなあ、いいなあ羨ましいなって思った。(後々遠征した先の大阪でご挨拶できてこのときのことお伝えできて嬉しかったな。私がまたライブに行きたいと思ったのはこのときの大好きと楽しいを全力で伝える姿への憧れがあったからというのも確実にひとつの要因なんです。ありがとうございます。)
 
ライブ中も終わってからも全然感情が纏まらなかった。興奮でぼうっとした頭のなかでまた絶対会いに行きたいと思った。出会ってしまった!と思った。
特典会も初めての経験でした。ライブ直後に、ついさっきまでステージの上にいた人たちに感想を直接伝えられて、さらに一緒にチェキを撮れるって本当にすごい。とんでもない文化。(サカナクションのライブも終演後にメンバーが物販に出てきてくださったりしたことがあったけれど、全然違う。特典会、時間が長い!距離がめちゃくちゃ近い!死!)待機列で何回どうしよう無理って言ったかわからない。自分の番、どうにかこうにか、はじめましてと、ライブが楽しかったこと、仙台に来てくださってありがとうございますってことは伝えた。伝えられたはず…心の中の声と自分の発した声が記憶でごちゃまぜになってるかもしれないから自信はない…ミキさんに誰推し?と聞かれたのできまるさん推しになりましたって言えた。そしたらチェキを撮るとき、きまるさんがぎゅっとしてくださって私の全思考が止まった。良い匂いがした。えっ…ひえぇ…無理……
それと、言おうと思っていたこと、おなカマさんが描かれたとっても素敵な漫画で二丁魁さんの存在を知りましたっていうことも伝えた。ステマで、と口走ってしまったら白鳥さんに苦笑されてしまった。布教の意味合いで使った言葉だったけれど、白鳥さんはきちんとした日本語を使う方なんだな素敵だなと思った。見習いたいです。
 
f:id:otoufutochige:20180626122718j:image
初めてのチェキ
 
このときは写メ会の存在を知らなくて、特典会が終わったら会場をあとにしました。付き合ってくれた友人を見送って、手近なファミレスに入ってゲイキャッチできたらいいなと思いながらTwitterを見たりチェキを見たり。夢みたいな時間の余韻はなかなか醒めなかった。#ゲイキャッチで検索しはじめてしばらくして、その日初成功の写真が投稿された。仙台市民も伊達じゃないので(?)すぐにあの辺だってわかった。急いで会計を済ませてその場所までアーケードを走った。でももうそこには4人はいなくて、ひたすらTwitterの検索欄を更新しながら周辺を歩き回った。歩く自分の前に同じようにTwitterを更新しながら急ぎ足で歩くグループを見つけて、もしかしたら、と思って思わず声をかけてしまいました。私が初めてお話したおなカマさん。すぐにゲイキャッチ探索の輪に入れてくださって、ドドドド新規の自分にもとっても優しくたくさん声をかけてくださって、本当に嬉しかったです。途中コンビニでお酒を買って一緒に飲んだ。ひらひら雪が降ってきたのもこのくらいの時間。他のこのときはまだ名前をしらないおなカマさんも合流して情報交換をしてみんなでアーケードを走った。酔っ払い、楽しかった。
このとき、私が二丁魁さんを知るきっかけになった漫画を描かれた方にお会いすることができました。この方の絵を見ていなければ自分がその場にいることは絶対あり得なかった。このとき直接お話できたこと、とっても嬉しかったです。感謝してもしきれない。本当にありがとうございます。
22時半過ぎ、牛タンのお店から二丁魁さんが出てきたところをゲイキャッチ成功!夜遅く寒い中本当にありがとうございました。このとききまるさんがすっと自然に隣に来てくださってびっくりしました。絶対東京へ会いに行きますとお伝えできました。
 
f:id:otoufutochige:20180628113808j:image
ゲイキャッチの写真
 
ゲイキャッチのあと、雪の降る道をおなカマさんと歩いて駅へ帰りました。そこでも今では大好きなおなカマさんとはじめましてをして、夜行バスに乗るおなカマさんをお見送りして、ホテルへ帰るおなカマさんとお別れして、盛りだくさんな1日が終わりました。このときの道、自分の遠征帰りによく通るので個人的超エモスポット。
 
 
時折、もしもパラレルワールドが存在していたら、という想像をします。別の世界線にはどういう人生を歩む自分がいるのかなって。
もし自分のフォロワーさん(今となってはどの人だったかわからない)がおなカマさんが描いた二丁魁さんの漫画をRTしていなかったら、RTされた絵を自分が見逃してしまっていたら、そもそも自分がこのアカウントを作っていなかったら、バンドのチケットが当たっていたら、チケットをドタキャンされていなかったら、自分はあの場には絶対居られなかった。全部小さいけれど大きな分岐点。今とっても大好きなアイドルさんに出会えていなかった人生を歩んでいる自分もきっと別の世界線にはたくさんいるんです。だから、大袈裟かもしれないけれど、大好きな人たちに出会えたこの日と、この世界の自分を大切にしたいし、出会うことのできたとっても大好きな人たちをずっと大好きでいたいなあと思うのです。
おなカマのみなさん!
ミキティー本物さん!!ぺいにゃむにゃむさん!!白鳥白鳥さん!!
きまるさん〜!!きまるモッコリさん〜!!!!
大好きです!!!!!出会えてよかった!!!!!!